2012年09月26日

★最新!SOF 5月~8月総集編TRIP REPORT★

最新!2012年5~8月のSOF総集トリップレポートをお送りさせて頂きます!!

5~8月のオーストラリアは冬の時期(乾季)になり水温は22~24℃ぐらいです。
また5月末~8月初旬までの期間はミンククジラが見れるかも!のシーズンになります。
ミンククジラは体長5~7m。クジラの中では小型ですが、水中で見ると・・・
ものすごくデカいです!!しかもお肌がとても綺麗*
そんなミンククジラが子育てのためにグレートバリアリーフにやってきます!!
ミンククジラをお目当てとし、世界中からたくさんのお客様が来られます。

今年はミンククジラが現れるのがちょっと遅く、6月に入ってから見ることができました。
ミンククジラを見る時は、ダイバー、シュノーケラーは必ずロープに掴まりながら観察します。

今年は(僕は)多い時で4匹のミンククジラを水中で見る事ができました!!
親子で水中を優雅に泳いでおりました*見たら必ず感動します!!!



 


他にも前半トリップではグレートバリアリーフ北側にあるコッドホールにて「COD FEED
が行われます。あの有名な「ジャイアントポテトコッド」に餌付けです!!
今か今かの様に船の下で待つ「コッドさん」。
人には慣れており、ダイバーが近づいても全然逃げません。可愛いやつです(*^_^*)
餌付けでは2~5匹のジャイアンポテトコッド達がお客さんを出迎えてくれます。







餌付けをしているトリップディレクターの「ニック」いい体格をしている「ニック」ですが、
この写真を見るとポテトコッドの方がでかく見えます!!笑
もちろん他にもグレートバリアリーフの海の中にはたくさんの生物が暮らしております。

カンムリブダイや各種ハナダイの乱舞!また光る貝のウコンハネガイや和名がついているけど日本では見れないカニハゼ等(写真参照)


 

 


前半(月曜発~木曜帰り)3泊4日の「コッドトリップ
が終わると、
次は後半(木曜発~月曜帰り)4泊5日の「オスプレイトリップ」となります。
グレートバリアリーフの外洋にある「コーラルシー・オスプレイリーフ」で、
なんと2日間ダイビングを楽しむ事が出来ます☆

「オスプレイリーフ」の透明度はとてもよく、良い時では40~50m!!
基本的にリーフの周りはドロップオフの地形となっており、とても神秘的です。





初日は「リボンリーフ」にて2本のチェックダイブ。
その日の夕飯の後、SOFは「コーラルシー・オスプレイリーフ」へいざ出陣!!
SOFは一晩走り続け、次の日の朝には「オスプレイリーフ」に到着です。
さすが外洋にあるため360゜見渡すと・・・
** 青い空、青い海、エメラルドに輝くサンゴ礁**陸なんて一つも見えません!
最高にきれいな場所です!!





「オスプレイトリップ」でのメインは「SHARK FEED

そう!サメの餌付けです!!

餌はなんとマグロの頭!・・・贅沢です!(カマトロとかついてるし;;;)
いつもこの時は寿司を食べたくなります。。。笑 それはさて置き。。。

チェーンにマグロの頭が4~5つ付いてあり、
それを30匹以上もの「グレーリーフシャーク」が食らいつくのです!!
これはかなりのド迫力です!!!サメ好きの人には、たまらないでしょう。
中には体長2~3mもある「シルバーチップシャーク」も現れたりしますよ!


 


オスプレイリーフには「ハンマーヘッドシャーク」、「マンタ」といった大物も出現したりします。
※写真はシルバーチップシャークになります。。。


 


他にもドロップオフの深場にはサロンパスで有名な「スミレナガハナダイ」、「アケボノハゼ」、「アオマスク」など深場にいる魚が、こっちの方だと25mと、少し浅めで見ることもできます!


 


そんなグレートバリアリーフ、、、



綺麗な海、たくさんの水中生物、日本では見ることのできない固有種、自然が生み出す神秘的な地形などといった沢山の楽しみ方があります。
これからの季節は夏に向かい、水温も少しずつ暖かくなってGBRベストシーズンの到来です!
是非とも遊びにいらして下さい。。。





SOFは毎TRIP日本人CREWが乗船しております。専属日本人STAFFはYASUとKIRINの2代看板!?になりますので^^今後の彼,彼女に乞うご期待を!!      ~~KAZU~~


  


Posted by AAOアフターサービス係 at 14:11Comments(0)

2012年09月12日

★最新2012年9月3日~10日☆SOFトリップレポート★

ケアンズは寒さのピークも過ぎ、水中もちょっと暖かくなったような気がします。
それでも、まだ冷たさが残る水中ですが、淡い黄色やオレンジといった魚が広がる水中は
まるで、春の訪れを感じさせてくれます。

今回のトリップはNorman Reef の『Caves』からスタートでした。
1本目のポイントには相応しい、ゆったりしたポイント。
岩陰でノンビリとホバリングしているユメウメイロやナンヨウツバメウオを観察し、
砂地ではホワイトチップシャークがお昼寝中。着底しながらゆっくり見れました。

『Geishas』ではボミーの上で広がるタカサゴとウメイロモドキの群れにまったり。
そしてガレの下には綺麗なオトヒメウミウシや水中をクネクネと泳ぐ変わったウミウシの
ヒオドシユビウミウシなども見れました。

『Cod Hole』ではポテトコッドに大興奮



デカイ、近い、凄い、まさに圧巻。
ダイバーの後ろにピタッとくっついて離れません。
バディー以上にくっついて泳いでくれます。

『Silver City』ではレオパードシャークが登場



こちらも結構じーっとしてくれているサメなのでゆっくりと観察できました。
浅瀬の岩陰ではサンゴモエビの仲間のオリビアシュリンプを観察



ライトを当てて近づくとスポッンっと吸い込まれるように奥に逃げられることが
多いですが模様や色がとても綺麗なエビです。

そして『North Hone』では大迫力のシャークフィード。
グレーリーフ、シルバーチップ、ホワイトチップといったサメ達以外にも、ポテトコッドや
バラフエダイなど様々な魚たちが入り乱れての食事会はド迫力でした。

今回も大物から小物まで色々な魚たちが見れて楽しいトリップでした。
これからベストシーズンに突入のGBRに是非とも遊びにいらして下さい。

SOF専属日本人インストラクター~YASU~  


Posted by AAOアフターサービス係 at 13:00Comments(0)