2012年04月20日

☆2012年4月20日UP~最新SOF TRIPレポート☆



今回のコッドホールトリップはスノーケラーでご参加の方が4名様もおりました^^
ここ最近の天気の良さのおかげか水中はどのポイントも20メートルを越える透明度のよさ。
これには私もテンション上がりまくりです。

こんなにコンディションがいいのにスノーケルだけなんてもったいない!
ということで、スノーケラー4名もなんとダイブクルーズ船で体験ダイビングに挑戦です。

初めてのダイビングに、最初は耳抜きにてこずったり、水中であたふたしていましたが、
潜るたびにどんどん上手になって、
なんと最終日には他のダイバーと一緒にコッドフィードにも参加しちゃいました。

誰もが憧れるコッドホールで体験ダイビングができるなんて、なんて贅沢なことなのでしょう。
こんなことが可能なのもやっぱりスピリットだからでしょう^^

ライセンス所持者はコッドホールで黄色のハダカハオコゼを発見。



とても小さくて隠れるのが上手なのでよく見ないと見逃してしまうレアな代物。
岩場の影のサンゴの上にチョコンと乗っていました。
葉っぱの様にヒラヒラ揺れる姿、きらきらした鏡のような目がとてもかわいい。
その可憐な姿にみんな完全に虜になっていました。

それだけではありません。
スノーケラーがなんとジュゴンに遭遇。
ええっ?!ジュゴン?
まさか~。
こんなところにジュゴンなんて誰も信じませんでしたが、撮影したビデオを見た船長のトニーは、
間違いなくジュゴンと言い、きっと沖に流されてしまったんだろうと言っていました。
本当にジュゴンならこんなチャンスは滅多にないです。
私もジュゴン見たかった~。くやしい~。(ビデオはお客様が持っていて。。。UPできませんでした;;;)

後半のコーラルシートリップでは、少し風が強くなり残念ながらオスプレイには行けず;;;
しかし、今回のリボンリーフは透明度バツグン。2本のナイトダイビングを含む計16本のダイビングをしました!
コッドホールではまた、ハダカハオコゼと再会。前回とほぼ場所を移動せずにいてくれました。よかった~。
また、かわいいオビテンスモドキの幼魚も向こうからカメラに大接近。写真もばっちり撮れ、大満足。
さらにコッドホールを潜る楽しみが増えました。



その後もリボンリーフを北から南に潜りまくり・・・

最終日のスティーブスボミーではこれでもかと言わんばかりの魚影の濃さ!
グレートバラクーダ、グレイリーフシャーク、ロウニンアジ、ギンガメアジなどの大物からエビ、カニ、ウミウシなどのマクロまでなんでもありです。
その中でも今回の私のお気に入りはオオセ。
-8mの岩穴の中にひっそりと隠れていました。私自身、ここで見たのは初めてだったので、1人で大興奮です。








今回のトリップも本当にいろいろなものが見れました。
次回は何がみれるかな~。

  


Posted by AAOアフターサービス係 at 12:09Comments(0)